副業前に必見!11万円分無料セミナーご案内 >>

【副業投資】1からわかる投資初心者おすすめガイド

初心者
うりと

こんにちは!副業お悩み解決ブロガーのうりとです。

今回から「【副業投資】1からわかる投資初心者おすすめガイド」として、初心者がインデックス投資を始める方法、手順をわかりやすく解説します。

僕は副業投資家として19年近くにわたり、米国株投資を実践してきました。

2001年4月に、「日本は金持ち。あなたは貧乏。なぜ?―普通の日本人が金持ちになるべきだ」(R・ターガート・マーフィー&エリック・ガワー著)という本に出会い、感化され、

その本の言うとおりに行動を起こした結果、金融資産が増大しました。

まず、上記の本を読み終えてすぐに、ネット証券会社3社に口座開設をしました。

(当時は、シュワブ東京海上証券(のちのDLJディレクトSFG証券、現在は楽天証券)、マネックス証券、Eトレード証券(現在はSBI証券)の3つしか、まともなネット証券会社がなかったと記憶しています。そのすべてに口座開設しました。)

そして、2001年5月からインデックスファンドを少しずつ買い始めました。

マネックス証券から販売されていた、*バンガード社の「トータルストックマーケット・インデックスファンド」という米国株式市場全体に投資するタイプと、

「スモールキャップ・インデックスファンド」という米国小型株に投資するタイプの両方を、毎月2万円くらいずつ積立投資していきました。

(*バンガード社とは、米国でのインデックスファンドの草分け的な会社です。)

(ちなみに、マネックス証券で、「トータルストックマーケット・インデックスファンド」や、「スモールキャップ・インデックスファンド」は既に販売を終了しています。ですが、心配しなくても、もっと良いインデックスファンドが今は沢山ありますので、後ほどご紹介します。)

その後、2001年12月に長期投資家で大富豪のウォーレン・バフェットが経営する持ち株会社「バークシャー・ハサウェイclass B」の個別株を10株、シュワブ東京海上証券から購入しました。

これも、上記の本で、「インデックスファンドで株式の運用をするのが望ましいが、これまで長期にわたってマーケットより高い実績を上げているウォーレン・バフェットのような投資顧問に運用を任せるのもよい。」と書かれていたので、実行しました。

つまり、バークシャー・ハサウェイの株を買うということは、「バフェットが厳選した数十銘柄で構成された投資信託を買っているようなもの」と言うことができるようです。

このようにして、僕の米国株投資がスタートしたのですが、現在は、インデックスファンド投資はやっておらず、すべて個別株(グーグル、バイドゥ、フェイスブック、アマゾン)に集約して長期投資を継続しています。

ではなぜ、個別株投資を教えてくれないの?と、疑問に思われるかもしれませんが、僕も初心者の頃、そうだったように、選別が難しい個別株よりも、とっつきやすくリスクも個別株に比べて低い、インデックスファンド投資で最初は慣れていくことが大事だと思うからです。

慣れていけば、インデックスファンド投資で貯めてきた分をお金に換金して、個別株に乗り換えるのがいいと思います。僕もそうしてきましたから。

ただし、個別株を選ぶためには、論理的思考力を身に付け、グローバル経済や世界情勢、ビジネスにある程度精通するための勉強が必要です。僕も2000年ごろから20年近く、必死で勉強を継続しています。

ですから、まずは初心者のあなたは、インデックスファンド投資から始めることをおすすめします。その間にマネーやビジネスの知識を習得していくのがいいと思います。

また、無理して個別株を買う必要もありません。「インデックスファンドだけで十分」と思えば、ずっとそれだけで投資しているインデックス投資家で億万長者になった人は世界にいっぱい居ますし、

「個別株に挑戦しよう」と思う人だけが、自己責任で買えばいいのです。

前置きだけで、かなり長くなりましたが、何を言いたかったかと言うと、本を読んだりこのブログを読んで知識を付けても、それだけでは成功できず、「行動に移し、実践する」ことこそが、成功への最短ルートだと、言いたかったのです。

そうすれば、道は必ず開けます! あなたも、この「【副業投資】1からわかる投資初心者おすすめガイド」を読んで 知識をインプットしたら、行動・実践することを忘れないでくださいね^^

とにかく、僕がこれまで読んできた本や、自分の経験と知識をオールミックスして、集大成のつもりで、惜しみなく余すところなく、「【副業投資】1からわかる投資初心者おすすめガイド」を書いていきますので、乞うご期待ください!

インデックス投資 基本編

今回は各章(編)のタイトルだけを、ご紹介します。次回から、上から順番に具体的な記事をアップしますので、ご期待ください。

米国株インデックス・ファンド投資はローリスクなの?

インデックス投資の前に必ずやるべき2つのこととは?

債券何%株何%? 資産配分を考えるのはナンセンスです!(米国株インデックス・ファンド1本でOK)

ネット証券の口座開設をしよう(SBI証券か楽天証券です)

おすすめのインデックス・ファンドはコレ! 今回ズバリ、下記に3本ご紹介しておきます^^

おすすめのインデックス・ファンド

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)  米国の最強500社への分散投資

S&P500以外の選択肢は以下の2本がおすすめ

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス  米国だけでなく先進国全体に投資したい人向け

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)  全世界に投資したい人向け

※これらを運用する三菱UFJ国際投信は、「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」と宣言し、実際に信託報酬の引き下げを常に敢行しているので、おすすめなのです。もし、ライバルファンドがコストを下げると追いかけのコスト引き下げが期待できます。しかし、すでに十分コストは低いですけどね^^

ドルコスト平均法で毎月1回、定額を積み立てていこう(投信自動積立サービスを申し込む)あとは、放置状態でOK!

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法ってなに?メリットは?インデックス積立投資にどう使う?

応用編

「つみたてNISA」活用で長期投資の税金が非課税に!

「iDeco」加入できる人は「つみたてNISA」より有利に!

インデックス投資のおすすめは、iDeco>つみたてNISA>NISAが優先順です

運用の極意編

複利のマジック

長期的に富を築く計画

経済的独立し、長期的に富を築く”複利のマジック”とは?

バイ&ホールドとは売らない戦略! どうやって売りたくなるのをガマンするか

Q&A編

インデックス投資のデメリットは?

インデックスファンドを銀行や証券会社がすすめないのはなぜなの?

投資信託の販売会社が破たんしたら資産はどうなるの?

将来どのように取り崩すのか編

インデックス投資の終わらせ方

どうやって取り崩すのがよいか?

今回のまとめ

今回は、【副業投資】1からわかる投資初心者おすすめガイドの大まとめページとして、「目次のような役割のページ」の記事となりました。

次回から、具体的に「インデックス投資 基本編」の”米国株インデックス・ファンド投資はローリスクなの?”を解説していきますので、よろしくお願いします^^

米国株インデックス・ファンド投資はローリスクなの?

米国株インデックス・ファンド投資はローリスクなの?

▼副収入を得たい人必見!おすすめ無料セミナーのご案内▼


オンラインセミナー
うりと

あなたは、副業で成功するもっとも確実で効率的な方法を知っていますか?

その方法とは

単純ですが

すでにビジネスで成功している人から習うこと】です。

僕が副業を始めたのは15年前ですが

ほとんど独学だったため、たくさん失敗してきました。

あるときはデイトレーディングで

なんと数百万円も大損したほどです。

そんな僕が、

副業を始めたころに出会っていれば

確実に人生が変わっただろうな~

という無料教材があります。

その無料教材のタイトルは

次世代起業家育成セミナー・特別編

これまでに累計4000人以上が受講し、

満足度95%以上という超人気セミナーです。

このセミナーをきっかけに、

副業月収100万円などの結果を出した人も

たくさんいるのですが・・・

それだけ聞くと、

なんだか怪しいですよね?

僕自身も最初は怪しいと思ったので、

あなたの気持ちはよくわかります^^;

では、実際にセミナー映像を視聴してみて、

本当に怪しかったのかどうか?

詳細を次の記事で解説していますので、

これから副業で成功したい人は、

ぜひ読んでみてください!

著者プロフィール

うりとアイコン-1

うりと

スキーと音楽と建築・インテリアが大好き。

零細企業のサラリーマン。

両親離婚で母子家庭の極貧家庭に育つ。

大手アパレル本社で馬車馬のように商品企画を仕事とする生活の繰り返しの中、

いつまでこれが続くのかと、疑問を感じ始める。

大手アパレル在社中に副業で米国株式短期売買を始める。

しかし短期売買では失敗を経験し、再起して2004年から米国株式長期投資を開始。

2014年に金融資産総額が1億3000万円に到達。

現在も零細企業のサラリーマンを続けるかたわら、冬はスキー(モーグル)に明け暮れ、オフシーズンは、「副業やお金で成功する人をひとりでも増やす」を信念にブログを配信中。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です