副業前に必見!11万円分無料セミナーご案内 >>

となりの億万長者 ― 成功を生む7つの法則-その1「収入以上の生活をしない。」

収入以上の生活をしない
うりと

こんにちは!うりとです。

今回から数回にわたり、”億万長者になる人の行動や考え方、生活態度”が学べる本

となりの億万長者 ― 成功を生む7つの法則(著トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ)の要約まとめを記事にします。

この本は、金持ち本と呼ばれるジャンルの中でもベストセラーの1冊です。

1996年(日本では1997年9月)に発行されていますが、それを再編集した新版です。

僕も2001年くらいに、この本の初版を読んで「億万長者とは、どういう人たちなのか」を学びました。

今回、読み返してあらためて、この本に影響を受けていることを、ひしひしと感じました。

これから数回にわたり、あなたが実際に本を読まなくてもわかるように、要約してお伝えしようと思います。

このシリーズ記事を読み終えると、「資産が1億円を超えるひとたちに共通する7つの法則」がわかりますよ^^

(本記事は、トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ(著)、斎藤聖美(訳)の著書『となりの億万長者 ― 成功を生む7つの法則』 原題:The Millionaire Next Door 早川書房 2013/8/25発行の中から一部を抜粋・編集しています)

成功を生む7つの法則

まず前提ですが、ここでいう「億万長者」とは、ビルゲイツとか、アマゾン創業者のジェフベゾスのような人々のことではありません。

あの方たちは、総資産10兆円単位の雲の上のひとたちです。

そういう超スーパーリッチではなく、総資産1億円から10億円くらいの、僕らのような庶民でも、ちょっと頑張れば到達できる資産を持つ人のことを、「億万長者」と呼んでいます。

結論として、
以下が”成功を生む7つの法則”です。

  1. 収入以上の生活をしない。
  2. 資産形成のために時間を使う。
  3. 世間体を気にしない。=見栄を張らない。
  4. 親からの援助に頼らない。
  5. 経済的に自立するよう、子供たちを育てる。
  6. 上手にビジネスチャンスをつかむ。
  7. 時代にマッチした職業に就く。

これらを数回に分けて、1つずつ解説していきたいと思います。

収入以上の生活をしない

今回は、成功を生む7つの法則その1として「収入以上の生活をしない。」をお伝えします。

どんなにたくさん年収があってもその年収以上に支出があっては、億万長者にはなれませんね。億万長者は「倹約、倹約、倹約」で生活をしています。

僕は大手アパレルに勤めていた12年間のうち、最後の2年間は、「倹約、倹約、倹約」で生活しましたが、初めの10年間は湯水のように、スーツ、高級靴、高級時計にお金を使いました。

社内結婚しましたが、うちの奥さんはかなりの倹約家です。

結婚後も独身時代同様の浪費をして、僕は何度か叱られて、こんな浪費をしなくなりましたが、あのまま浪費家のままだったら今の僕はありません。

この本によるとアメリカの平均的な億万長者が支出する金額は

スーツ 39900円以下(1ドル=100円換算)
靴 14000円以下
時計 23500円以下

とのこと。それでは誰が、高いスーツ(1着10万円以上)を買っているのでしょうか?

それは、500万円から2000万円の年収があるのに億万長者ではない人びとだそうです。

大手アパレルで浪費していた昔の僕は、まさにコレ。

「こういう買い物をするからこそ、彼らは億万長者になれないのだ。」とこの本は指摘しています。(厳しい・・^^;)

期待資産額と蓄財優等生

年収×年齢÷10=期待資産額
例)年収300万円×年齢40歳÷10=期待資産額1200万円

○資産が期待資産額の2倍以上あれば「蓄財優等生」
✖資産が期待資産額の半分以下ならば「蓄財劣等生」

この本では上記のような計算式で蓄財の目安を測っています。

明日の経済的自立に向けて、今日の消費を犠牲に!

『明日の経済的自立に向けて、今日の消費を犠牲に!』これがこの章のポイントです。

要するに将来、億単位の資産を持ち、金利やインカムの収入(株式では配当金、債券では利子、不動産では家賃など)で食べていきたいのなら今は消費をガマンしてください、ということですね。

とくにこの章の最後に書かれているのが、高級住宅街に住まない、ということも億万長者になるには必須とのこと。

ステータスの高い地域に住むということは、それだけで金がかかるのです。」と書かれています。

高級住宅街に住んでいいのは、”億万長者になって、しかも10億円くらいの資産になったあと”。

そうなれば、初めてそこに家を買って住んでよいとのことです。

これには、実感があります。僕は大手アパレル勤務時代、高級住宅街に賃貸ですが住んでいました。現在の自宅は郊外の小都市です。

比較してみると、やっぱり高級住宅街は物価も高いし、雰囲気も違う。ちょっとそこまでの買い物でも、ジャージでは出歩けない雰囲気はありました。軽自動車ではなく、高級外車がバンバン走っていますし。

あまり金のかからない地域に住めば、出費は少なくて済み、その分を投資や貯蓄に回せる。」ということですね。

家も安くすむから、固定資産税も安くすみ、高級車を乗り回すご近所さんもあまりいない、ということになります。

自動車も軽のポンコツに乗ってても、まったく気にならないのが、郊外のよいところ、ですネ^^

今回のまとめ

・総資産1億円から10億円くらいの、「億万長者」になるには、「収入以上の生活をしない」こと。

・億万長者は「倹約、倹約、倹約」で生活をする。

・億万長者は資産1億円以上あっても、買い物は超庶民的。スーツ 39900円以下(1ドル=100円換算)、靴 14000円以下、時計 23500円以下etc…

・10万円以上の高いスーツを買うのは、年収500万円から2000万円の億万長者ではない人。

・期待資産額=年収×年齢÷10
○資産が期待資産額の2倍以上あれば「蓄財優等生」
✖資産が期待資産額の半分以下ならば「蓄財劣等生」

・『明日の経済的自立に向けて、今日の消費を犠牲に!』要するに、将来ラクをしたければ、いまは我慢が大事。

・高級住宅街に住まず、浮いたお金で貯金・投資せよ。

以上が、この記事のまとめになります。

次回は、成功を生む7つの法則その2として『「資産形成のために時間を使う。」えぇ?医者に金持ちは少ないの!?』をお伝えしようと思っています。

資産形成のために時間を使う

その2「資産形成のために時間を使う。」えぇ?医者に金持ちは少ないの!?

▼副収入を得たい人必見!おすすめ無料セミナーのご案内▼


オンラインセミナー
うりと

あなたは、副業で成功するもっとも確実で効率的な方法を知っていますか?

その方法とは

単純ですが

すでにビジネスで成功している人から習うこと】です。

僕が副業を始めたのは15年前ですが

ほとんど独学だったため、たくさん失敗してきました。

あるときはデイトレーディングで

なんと数百万円も大損したほどです。

そんな僕が、

副業を始めたころに出会っていれば

確実に人生が変わっただろうな~

という無料教材があります。

その無料教材のタイトルは

次世代起業家育成セミナー・特別編

これまでに累計4000人以上が受講し、

満足度95%以上という超人気セミナーです。

このセミナーをきっかけに、

副業月収100万円などの結果を出した人も

たくさんいるのですが・・・

それだけ聞くと、

なんだか怪しいですよね?

僕自身も最初は怪しいと思ったので、

あなたの気持ちはよくわかります^^;

では、実際にセミナー映像を視聴してみて、

本当に怪しかったのかどうか?

詳細を次の記事で解説していますので、

これから副業で成功したい人は、

ぜひ読んでみてください!

著者プロフィール

うりとアイコン-1

うりと

スキーと音楽と建築・インテリアが大好き。

零細企業のサラリーマン。

両親離婚で母子家庭の極貧家庭に育つ。

大手アパレル本社で馬車馬のように商品企画を仕事とする生活の繰り返しの中、

いつまでこれが続くのかと、疑問を感じ始める。

大手アパレル在社中に副業で米国株式短期売買を始める。

しかし短期売買では失敗を経験し、再起して2004年から米国株式長期投資を開始。

2014年に金融資産総額が1億3000万円に到達。

現在も零細企業のサラリーマンを続けるかたわら、冬はスキー(モーグル)に明け暮れ、オフシーズンは、「副業やお金で成功する人をひとりでも増やす」を信念にブログを配信中。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です