副業前に必見!11万円分無料セミナーご案内 >>

資産計算は、お金を貯める第1歩!いま、いくらあるのか把握しよう

資産計算
うりと

こんにちは!副業お悩み解決ブロガーのうりとです。

あなたは自分の金融資産=お金がいくらあるのか計算したことはありますか?

「いったい自分は現在いくらお金を持っているのか」を把握することは、お金を貯めるときも重要ですし、貯めたお金で資産運用をしているあいだも、とても重要です。

まずは自分の資産=お金の棚卸をしましょう。

その結果「どの金融機関(あるいはタンス預金)にいくらあるのか」が把握でき、自分の資産の現状がわかります。

それが貯金や資産運用の「初めの一歩」です。

今回は、資産計算のやり方や、そのメリットをお話しします。

この記事を読み終えると、資産計算がなぜ重要なのかが理解できて、そのやり方がわかります。

また、「資産計算表のエクセルファイルデータが欲しい」とコメントいただいた方には僕が使っているエクセルデータのダウンロード先をお教えしますので、コメントくださいね^^

自分の資産を把握しよう

貯金や資産運用を始めるとき、まずは「自分が現在いくら持っているのか?」を把握しておきましょう。

なぜなら、自分の現在位置を把握することは、どこに向かうか(目的地=目標金額)を決める上で欠かせません。

ちなみに、大多数のひとは自分が今いったい、いくらの金融資産を持っているのかを把握せず過ごしています。

だから、資産計算をするだけでも、少数派=すなわち、「お金持ち」に一歩近づけます。

自分の資産をマネジメント(管理)することは、人生の成功には欠かせないものです。成功者でこれをしていない人はいないはずです。

ですから、あなたも必ず自分の資産を把握する「習慣」を身に付けてくださいね。

いつ、どのように資産計算するのか?

僕は、この資産計算表を四半期ごとに作ります。つまり、3、6、9、12月末の年4回。

そうすることで「自分のお金」が現在いくらあるのか、を把握しています。

(めんどうくさい人は6、12月末の年2回はやりましょう。もっとめんどうくさい人は年末だけでもいいです。)

実際に金融機関別に現在、いくら貯金・預金・金融商品があるかをエクセルにまとめていきます。

例えば、こんな感じ。

見本エクセル

自分が見てわかりやすいように、金額を入力します。

下記のような分類をアセットクラスと呼ぶようです。

アセットクラスの分類

・貯金や預金などの流動性資産と呼ばれる、お金そのもの
・債券や債券投資信託(ファンド) 
FXを債券クラスにすることもあるようです
・株式や株式投資信託(ファンド)
・その他
…REIT、金ゴールド、など

※不動産(マンション、自宅)は金融資産に含めず

あなたが使っている金融機関の口座のマイページを開いて確認し、その金額をエクセルに入力していってください。下記のように分別します。

  • 預けている金融機関別に
  • アセットクラス別に
  • 金融商品ごとに

それからあえて言うならば、多少アセットクラスを適当に分類していても構いません。

なぜなら、この資産計算表は人に見せるために作るものではなく、自分が把握するためなので。

とにかく1度、作ってみることが大事ですね。

金融資産を四半期ごとに計算するメリットは?

金融資産を四半期ごとに計算するメリットは、貯金のみの段階の人よりも、資産運用をしている人のほうが顕著にその「有効性」を感じるでしょう。

僕の例で言うと、自分は資産計算表を3、6、9、12月末の四半期ごとに年4回計算することをこの約15年間、欠かさず行ってきました。

その結果、世界のどんなニュースや動向で市場が変動するのかが実感できるようになります。

たとえば、「チャイナショックで8月は株価が大きく下げてたんだな。」とか、「パンデミック(広範囲に及ぶ流行病:SARSやコロナウイルス等)で株価が足踏み状態だな。」のようにです。

また、季節要因で資産が増減するとかが実感できて、少しずつですが、その変動に慣れてきます。

たとえば、株はアノマリーといって、「年末から年明けにかけては上がりやすい」とか、「6月から夏にかけては下がりやすい」などの季節要因での株価の上下動があります。

もとから、株価はニュースや、○○ショックのような、市場を大きく動かす要因で変動します。

10%~30%くらいの、資産総額の変動が普通に起こりますが、それにいちいち驚かなくなります。つまり「慣れる」ということです。

また、世界的に大きな事件が起こり、それによって株が下げたとしても、「半年後には株価、戻ってるな」とかの、感覚が掴めるようになります。

長期での資産運用で、特に株に関しては、大きく下げてるからといってパニックになって売らないことが、最も成功する秘訣だと、僕は思います。

そういう意味でも、年4回自分の資産を把握することは、自分の金融知識と経験が蓄積されますし、それにともなって、自分の資産も成長します。ヘタに売らなくなるからです。

実際、僕はリーマンショックの下げをモロに経験し、その後大きく株価は上昇していきました。あの時売らなかったから、今の僕があります。

これは、僕だけが売らなかったのではなくて、バフェットのような長期投資の大御所の方たちも、リーマンショックでは売らずに、むしろ買い増していたのです。

とにかく、マスコミや、ヘンな評論家みたいな人は、年がら年中「株を売れ!株を売れ!」と言って、手数料稼ぎなのか、自分の有料商材を買って欲しいのかわかりませんが、長期投資を阻止しようとしてきます。

ネットニュースでも、そうやってアテンション(注意、注目、関心)を引き、ページビューを稼ごうとします。

この手口には、絶対だまされないように、賢く資産運用しなくてはなりませんね。

まとめ

・自分の資産を把握する習慣を身に付けましょう。

・3、6、9、12月末の年4回。四半期ごとに資産計算表を作ればバッチリです。

・その結果、どんな世界のニュースや動向で資産が増減するのか、とか、季節要因で資産が増減する、とかが、少しずつ理解できるようになってきます。

・年4回自分の資産を把握することは、自分の金融知識も成長しますし、それにともない自分の資産も成長します。

あなたもぜひ資産計算をエクセルなどでサクッとやってみてください。

また、「資産計算表のエクセルファイルデータが欲しい」とコメントいただいた方には僕が使っているエクセルデータのダウンロード先をお教えしますので、コメントくださいね^^

(補足)

もし、住宅ローンや、その他の借金がある場合は、上記の資産額から引いてくださいね。それがあなたの純資産です。

例)資産計算で1000万円の資産があり、住宅ローンが1500万円残っている場合、あなたの純資産は、マイナス500万円となります。

▼副収入を得たい人必見!おすすめ無料セミナーのご案内▼


オンラインセミナー
うりと

あなたは、副業で成功するもっとも確実で効率的な方法を知っていますか?

その方法とは

単純ですが

すでにビジネスで成功している人から習うこと】です。

僕が副業を始めたのは15年前ですが

ほとんど独学だったため、たくさん失敗してきました。

あるときはデイトレーディングで

なんと数百万円も大損したほどです。

そんな僕が、

副業を始めたころに出会っていれば

確実に人生が変わっただろうな~

という無料教材があります。

その無料教材のタイトルは

次世代起業家育成セミナー・特別編

これまでに累計4000人以上が受講し、

満足度95%以上という超人気セミナーです。

このセミナーをきっかけに、

副業月収100万円などの結果を出した人も

たくさんいるのですが・・・

それだけ聞くと、

なんだか怪しいですよね?

僕自身も最初は怪しいと思ったので、

あなたの気持ちはよくわかります^^;

では、実際にセミナー映像を視聴してみて、

本当に怪しかったのかどうか?

詳細を次の記事で解説していますので、

これから副業で成功したい人は、

ぜひ読んでみてください!

著者プロフィール

うりとアイコン-1

うりと

スキーと音楽と建築・インテリアが大好き。

零細企業のサラリーマン。

両親離婚で母子家庭の極貧家庭に育つ。

大手アパレル本社で馬車馬のように商品企画を仕事とする生活の繰り返しの中、

いつまでこれが続くのかと、疑問を感じ始める。

大手アパレル在社中に副業で米国株式短期売買を始める。

しかし短期売買では失敗を経験し、再起して2004年から米国株式長期投資を開始。

2014年に金融資産総額が1億3000万円に到達。

現在も零細企業のサラリーマンを続けるかたわら、冬はスキー(モーグル)に明け暮れ、オフシーズンは、「副業やお金で成功する人をひとりでも増やす」を信念にブログを配信中。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です