副業前に必見!11万円分無料セミナーご案内 >>

インデックス投資の前に必ずやるべき2つのこととは?

計算機
うりと

こんにちは!うりとです。

今回は、インデックス・ファンド投資の前にやることを2点、お伝えいたします。

① 家計の状況を把握する

②「いざというときのお金」を貯める

この2つは、投資の前にやっておくべき、必須項目です。やっておかなければ、長期投資どころではなくなる可能性があります。

もし、家計の状況がマイナス(つまり赤字)ならば、投資をしている場合ではありません。一刻も早く収支プラスになるよう生活を改めないと、家庭崩壊してしまいます。

また、「いざというときのお金」とは、これまでも何度も訪れている自然災害や、会社をリストラされてしまうこと、あなたが病気になって働けなくなってしまうことなどのリスクから身を守るための生活資金のことです。

このお金は、「最低2ヶ月分~最大2年分を貯める」と諸説あるのですが、なぜそんなに幅があるのか、どのくらい確保したらよいのか・・・

この記事では、そういった疑問を解決していきます。

家計の状況を把握する

まずは、家計のチェックをしましょう。毎月の生活費が収入を超えた家計の状態では投資をしている場合ではありません。一刻も早く生活を見直すべきでしょう。

もし、インデックス・ファンド投資で家計の赤字の穴埋めをしたいと考えているのならば、それはやめたほうがいいです。

(インデックス・ファンド投資は手間が掛からないけれども、短期間で利益が出るわけではありません。ある程度の利益が出るには長期の保有が必要です。一発大儲けといったギャンブル的要素はありません。)

毎日、家計簿をつける必要はありません。1か月の生活費がバクッと分かればOKです。

給料が振り込まれてから1か月後にいくら残っているのか? それを2~3か月、調べれば大枠の生活費が把握できるでしょう。

給料日から次の給料日までに、いくら残ってる?

収入-支出=残高

残高マイナス(赤字)のあなたは

投資している場合ではないので、まず生活費を見直しましょう

残高がマイナス(赤字)の場合、あなたの生活は破たんし、家庭崩壊まで時間の問題です!

すぐに生活改善しましょう。

以下の記事では、生活改善の方法も書いています。ぜひお読みくださいね。

小銭

お金が貯まらないと悩むひとに!100万円をどうやって貯金するか?

残高プラス(黒字)のあなたは

おめでとうございます!

「いざというときのお金」を貯める準備をしていきましょう。

このお金は、長期投資のインデックス・ファンドを換金しないためのお金です。つまり投資は「使う予定のないお金」でやるものです。

次の見出しから、どうぞ読み進めてくださいね。

「いざというときのお金」を貯める

大前提ですが、「いざというときのお金」は、銀行や郵便局の預貯金など流動性の高いもので確保しましょう。大災害が発生しても、すぐに引き出せるかを考えなければなりません。

いざというときにスピ―ディーに現金化できるか、を想定すると結論は預貯金ですね。

また、僕も、住信SBIネット銀行や楽天銀行、ソニー銀行など、ネット銀行を普段は活用していますが、これらネット銀行は、大災害時にネットインフラが使用できない時、簡単にはお金を下せなかったといった話も聞いたことがあります。

やはり、市中に窓口がある銀行、郵便局で「いざというときのお金」は、確保しておいた方が安心だという声もあるようです。

東日本大震災のとき、通帳がなくても身分証明ができれば、ゆうちょ銀行や地方銀行では、引き出せる措置がとられていたそうです。ネット銀行はそこに含まれていなかったようです。

では、この災害、リストラ、長期入院などから、あなたや家族の生活をしっかりと守る資金はどのくらい確保すればよいのでしょうか。

諸説ありますが「最低2ヶ月分~最大2年分を貯める」と幅があります。

仮に生活費が20万円かかる家庭の場合、「いざというときのお金」は、

2か月分ならば、 20万円×2か月=40万円

2年分ならば、  20万円×24か月=480万円

と、40万円から480万円と、ものすごい幅があるわけです。

仮に月額2万円を貯めて、40万円に到達するには、20か月(1年8か月)かかります。

同じく月額2万円を貯めて、480万円に到達するには、240か月(20年)かかります。

1年8か月というのも長いですが、20年とは・・・・・絶句。 話になりませんね。

預貯金してる時間だけで、長期投資にとって大切な膨大な時間を無駄にしてしまいます。

お金を貯めながら投資を始める手もある

では、生活費2年分が無かったら投資できないのか? そんなことはありません。

上記のおはなしを解決したのが、「お金を貯めながら投資を始める」という方法です。

つまり、「いざというときのお金」を貯めながら、インデックス・ファンド投資も並行して行うのです。

たとえば、毎月の収入から2万円を投資できるなら、1万円は預貯金に回し、1万円をインデックス・ファンド投資に、というようにします。

2万円を投資できるなら

1万円 ➡ 預貯金

1万円 ➡ インデックス・ファンド投資

これが、とっても現実的です。上記の、1年8か月や20年という年月を、預貯金だけに集中し、まったく投資をしないというのは、あまりにももったいないです!

まとめ

・インデックス・ファンド投資をやる前に2点すべきことがある。

  1. 家計の状況を把握する
  2. 「いざというときのお金」を貯める

・まずは、家計のチェック。毎月の生活費が収入を超えた家計の状態では投資をしている場合ではなく、一刻も早く生活を見直すべき。

・「いざというときのお金」とは、自然災害、リストラ、長期入院などのリスクから身を守るための生活資金のこと。市中に窓口がある銀行、郵便局で「いざというときのお金」は、確保しておいた方が安心。

・では、どのくらい確保すればよいか、「最低2ヶ月分~最大2年分を貯める」と諸説あるが、現実的には「お金を貯めながら投資を始める」という方法を行う。

・たとえば、毎月の収入から2万円を投資できるなら、1万円は預貯金に回し、1万円をインデックス・ファンド投資に、というようにする。

以上が、今回のまとめになります。

▼副収入を得たい人必見!おすすめ無料セミナーのご案内▼


オンラインセミナー
うりと

あなたは、副業で成功するもっとも確実で効率的な方法を知っていますか?

その方法とは

単純ですが

すでにビジネスで成功している人から習うこと】です。

僕が副業を始めたのは15年前ですが

ほとんど独学だったため、たくさん失敗してきました。

あるときはデイトレーディングで

なんと数百万円も大損したほどです。

そんな僕が、

副業を始めたころに出会っていれば

確実に人生が変わっただろうな~

という無料教材があります。

その無料教材のタイトルは

次世代起業家育成セミナー・特別編

これまでに累計4000人以上が受講し、

満足度95%以上という超人気セミナーです。

このセミナーをきっかけに、

副業月収100万円などの結果を出した人も

たくさんいるのですが・・・

それだけ聞くと、

なんだか怪しいですよね?

僕自身も最初は怪しいと思ったので、

あなたの気持ちはよくわかります^^;

では、実際にセミナー映像を視聴してみて、

本当に怪しかったのかどうか?

詳細を次の記事で解説していますので、

これから副業で成功したい人は、

ぜひ読んでみてください!

著者プロフィール

うりとアイコン-1

うりと

スキーと音楽と建築・インテリアが大好き。

零細企業のサラリーマン。

両親離婚で母子家庭の極貧家庭に育つ。

大手アパレル本社で馬車馬のように商品企画を仕事とする生活の繰り返しの中、

いつまでこれが続くのかと、疑問を感じ始める。

大手アパレル在社中に副業で米国株式短期売買を始める。

しかし短期売買では失敗を経験し、再起して2004年から米国株式長期投資を開始。

2014年に金融資産総額が1億3000万円に到達。

現在も零細企業のサラリーマンを続けるかたわら、冬はスキー(モーグル)に明け暮れ、オフシーズンは、「お金や副業で苦労する人をひとりでも減らすこと」を信念にブログを配信中。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です