副業前に必見!11万円分無料セミナーご案内 >>

毎日更新ダブルブラックマンデーの追憶-2020年4月16日~30日(激動マーケットの状況)

2020年4月カレンダー
うりと

こんにちは!副業お悩み解決ブロガーのうりと⇒プロフィールです。

この記事は、記事というより備忘録です。コロナの動乱の相場への影響が治まるまで更新を続ける予定です。

4月半ばになりましたので、新たに1ページ立ち上げ、これに日々追記していきますので、よろしくお願いします^^

※4月1~15日分を読みたい方はコチラ⇒毎日更新ダブルブラックマンデーの追憶-2020年4月1~15日(激動マーケットの状況)

※3月分を読みたい方はコチラ⇒ダブルブラックマンデーの追憶-2020年3月のコロナ大暴落(激動マーケットの状況を日々追記更新)

※日付けは米国現地日付けです。

4月16日(木) 38日目

上げ下げを繰り返す方向感のない動きでしたが、3指数そろって反発。

ダウ33ドル高(+0.14%)の23537。ナスダックは139ポイント上昇(+1.66%)の8532。S&P500指数は16ポイント上昇(+0.58%)の2799でした。

経済指標発表の記録的な悪化で下落しましたが、トランプ大統領が「経済活動再開に向けた指針を発表する」と示したことへの期待に支えられる一日でした。

ダウはNY州のクオモ知事が外出制限措置を5月15日まで延長すると発表し、一時300ドル近く下落する場面もありましたが、インテルやマイクロソフトがけん引し下げ渋る展開。

ナスダックはネットフリックスが連日で上場来高値を更新するなど、終日プラス圏でした。

4月17日(金) 39日目

先週末のダウは704ドル高(+2.99%)の24242ドル。ナスダックは117ポイント上昇(+1.38%)の8650。S&P500は75ポイント上昇(+2.68%)2874で、金曜日のNY株式相場はそろって続伸でした。

米国のここ1ヵ月の 新規失業保険申請件数は、2200万件と空前絶後な件数ですが、

実はNY州では失業保険申請すると 1ヵ月で50万円位もらえる優遇措置になっているため、「クビになった方が得だ」というのが真実のようです。

これだけ支給されると働く気が起きないのは、うなずけます。

また、経営者にも従業員をクビにした方が、サポートがあって得なようです。

こんな事情があるので、新規失業保険申請件数は、いまは丸々鵜呑みにするのは×ですね^^

4月20日(月) 42日目

3指数そろって反落です。ダウは592ドル下落(-2.44%)の23650ドル。ナスダックは89ポイントマイナス(-1.03%)の8560。S&P500は51ポイントマイナス(-1.79%)の2823。

今日は、おもしろいものが見れました。原油先物価格を朝起きて見たら、なんと-13ドル!

昨日も19ドルあたりだったので、「20ドル割れで、えらいことになってるな」と思っていたのですが、

0どころか、-13ドルになってました^^

5月物は取引終了が21日に迫っていることもあり、大きく売られたそうですが、史上初のマイナス価格だそうです。(期近5月物の清算値は1バレルマイナス37.63ドル)

例えば、20日の価格(マイナス37.63ドル)で新たに1000バレル買い、そのまま取引終了を迎えると、同量の原油とともに3万7千ドル(約400万円)の現金を受け取る。売り手なら、逆に400万円を支払って原油を引き取ってもらう。通常では考えられない事態だ。

引用:日本経済新聞電子版

需要がコロナの影響で激減し、供給が過剰なので原油保管スペースが確保できないことが背景にあるようです。

4月21日(火) 43日目

ダウは631ドル安(-2.67%)の23018ドル。3指数そろって下落です。

NY株式市場ではこれまで比較的堅調な動きを見せていたIT・ハイテク株も大きく下落するなど幅広い銘柄が売られました。

大幅に続落して始まったNYダウ。朝方にはトランプ大統領が石油・ガス企業の資金支援策の策定を指示したと伝わったものの、原油相場の下落は歯止めがかからずダウも下げ幅を広げて、一時700ドル以上下落。

VIX恐怖指数も45.41と、少々上げ気味です。

4月22日(水) 44日目

NY株3指数は揃って反発です。ダウは456ドル上昇(+1.99%)の23475ドル。

ダウは昨日までの2日間で1200ドル以上の下落でしたが、原油価格の上昇に加え、

ムニューシン財務長官が「夏の終わりまでに経済活動の大半が再開するだろう」と発言したことや一部企業の決算が予想を上回り過度な警戒感はひとまず和らいだ形です。

連日の原油相場の混乱は一旦落ち着きを見せました。22日のNY原油相場は上昇です。

4月23日(木) 45日目

ダウは39ドル高(+0.17%)の23515ドル。経済活動再開への期待感や原油価格の上昇が支えとなりダウは一時上げ幅は400ドルを超えました。

ペンス副大統領が、新型コロナウイルスの影響は6月上旬までには落ち着くとの見通しを示したと伝わり、経済活動再開への期待が高まりました。原油価格が一時18ドル台と2割以上上昇した事も追い風に。

ただ、午後に入ると上値の重い展開。コロナウイルスの治療薬として期待されている、製薬大手ギリアド・サイエシズの「レムデシビル」に関して、臨床試験で思わしくない結果が出たと報じられ、投資家心理を冷やしました。

4月24日(金) 46日目

先週末、NYの3指数はそろって上昇しました。ダウは3日続伸、260ドル高(+1.11%)の23775ドル。

ところで、為替の件ですが、米国の無制限QEでジャブジャブにドルの資金供給が行われていますので、このまま日本も何もしないでいると、

また、リーマンショック後のように1ドル70円台という超円高局面が訪れます。

政府日銀には、しっかりと対策を講じてもらわないと、円高のリスクに晒されてしまいます。

4月27日(月) 49日目

3指数そろって上昇です。ダウは4日続伸、358ドル高(+1.51%)の24133ドル。ナスダックは続伸95ポイントプラス(+1.11%)の8730。S&P500指数も続伸して41ポイント上昇(+1.47%)2878でした。

WTI=NY原油先物価格の急落もあり、やや上値の重い展開でしたが、取引終了にかけて水準を少しずつ切り上げました。

感染者数の多いスペインやイタリアで5月以降に外出制限などが緩和される見通しとなったことや、

26日、ニューヨーク州のクオモ知事が経済活動を段階的に再開させる具体的な方針を示したことが投資家心理を好感させたようです。

4月28日(火) 50日目

ダウは5営業日ぶりに反落です。32ドル安(-0.1%)の24101ドル。

欧米で経済活動が段階的に再開され、景気回復に向かうとの期待から買いが先行。

ただ、主力ハイテク株が軒並み売られ、引け間際に下げに転じました。

28日引け後にアルファベット(google)、29日フェイスブック、30日アマゾンなどbig techの決算が控えています。

短期筋は利益確定して、様子を見たい心境ですよね。ここまでかなり、値を戻してますからね。

4月29日(水) 51日目

NY市場そろって反発しました。ダウは532ドル高(+2.21%)の24633ドル。ナスダックは306ポイントプラス(+3.57%)の8914、S&P500指数は76ポイント上昇(+2.66%)の2939でした。

新型コロナウイルスに有効な治療薬への期待から大幅に反発。前日発表されたグーグルを傘下に持つアルファベットの決算も好感されナスダックが特に大きく上昇しました。

4月30日(木) 52日目

3指数そろって下落です。ダウは288ドル安(-1.17%)24345ドル。

4月最後の取引となったNY株式市場は、新規失業保険申請者数が市場予想を上回ったことなど経済指標の悪化が相場の重しとなりました。

今日は、予想以上に落ち込んだ3月の個人消費支出など経済指標の悪化が朝方に相次いで明らかになり、幅広い銘柄に売りが広がりました。

アップルやマイクロソフトなどが上昇し下値を支えたものの、ダウは終日軟調な推移となりました。


過去分を読みたい方はコチラ⇒米国マーケット状況

▼副収入を得たい人必見!おすすめ無料セミナーのご案内▼


オンラインセミナー
うりと

あなたは、副業で成功するもっとも確実で効率的な方法を知っていますか?

その方法とは

単純ですが

すでにビジネスで成功している人から習うこと】です。

僕が副業を始めたのは15年前ですが

ほとんど独学だったため、たくさん失敗してきました。

あるときはデイトレーディングで

なんと数百万円も大損したほどです。

そんな僕が、

副業を始めたころに出会っていれば

確実に人生が変わっただろうな~

という無料教材があります。

その無料教材のタイトルは

次世代起業家育成セミナー・特別編

これまでに累計4000人以上が受講し、

満足度95%以上という超人気セミナーです。

このセミナーをきっかけに、

副業月収100万円などの結果を出した人も

たくさんいるのですが・・・

それだけ聞くと、

なんだか怪しいですよね?

僕自身も最初は怪しいと思ったので、

あなたの気持ちはよくわかります^^;

では、実際にセミナー映像を視聴してみて、

本当に怪しかったのかどうか?

詳細を次の記事で解説していますので、

これから副業で成功したい人は、

ぜひ読んでみてください!

著者プロフィール

うりとアイコン-1

うりと

スキーと音楽と建築・インテリアが大好き。

零細企業のサラリーマン。

両親離婚で母子家庭の極貧家庭に育つ。

大手アパレル本社で馬車馬のように商品企画を仕事とする生活の繰り返しの中、

いつまでこれが続くのかと、疑問を感じ始める。

大手アパレル在社中に副業で米国株式短期売買を始める。

しかし短期売買では失敗を経験し、再起して2004年から米国株式長期投資を開始。

2014年に金融資産総額が1億3000万円に到達。

現在も零細企業のサラリーマンを続けるかたわら、冬はスキー(モーグル)に明け暮れ、オフシーズンは、「副業やお金で成功する人をひとりでも増やす」を信念にブログを配信中。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です